skip content

医療観光

メディシティ大邱は、最先端の医療サービスを提供する大韓民国医療特別市の新しい名称です。

嶺南大学校 医療院

嶺南大学校 医療院
2010年、乳がん、甲状腺がん手術 全国7位を記録
 
  • 所在地 : 大邱広域市南区顕忠路170 嶺南大学校 医療院 所在地
  • 電話番号 : ☎ 82-53-623-4114
  • ホームページ : http://yumc.ac.kr:8888/PageLink.do?link=yumc/13_japan/vision 嶺南大学校 医療院
  • E-mail : international@med.yu.ac.kr
  • サービス : 総合健康検診, 呼吸器疾患の治療, 甲状腺がん手術
  • 対応可能言語 : 영어지원가능중국어 지원가능

嶺南大学校医療院は1979年に設立さ れ、25の診療科と9つのセンター、 908病床の施設を備えた大学病院で、 170名の教授、34名の専任医、235名 の専攻医を含む2,000名の教職員が、 良質の医療サービスを提供するために 最善を尽くしています。

2011年に政府(健康保険審査評価院) で発表した「がんの手術経験が多い 病院」資料によると、乳がん韓国第7 位、甲状腺がん韓国第7位と名実共に 韓国最高の大学病院であることが証明 されました。

また韓国で初めて一体型のがん診断機 器であるPET-MRを導入及び稼働、3種 類の最先端新技術をすべて備えたロボ ット手術設備(da Vinci Si)の導入、 最先端の放射線治療装置のノバリス‐ TXを導入、稼働することでがん患者の 治療において画期的な転換点になるこ とを期待しています。

便宜事項

指定ホテル
エージェントおよび旅行会社と協議後、決定
出迎え
エージェントおよび旅行会社と協議後、決定
お食事
健康診断の際、食事クーポン提供
付帯施設
食堂(韓国·日本·中国料理)、コーヒーショップ、コンビニ、銀行、メガネ店、 美容室、郵便局
その他
嶺南大学校社会教育院と嶺南理工大学校など周囲の景観が美しい

総合健康検診

  • 地域最大規模の健康増進センター
    • 韓国で初めて導入された一体型のがん診断機器PET-MRなど最先端の検査設備で検診
  • 外国人が希望するオーダーメイド検診を施行
    • 顧客の疾患や症状に合わせたオーダーメイドプログラム提供
    • 幅広い選択検査項目
  • 施術別の説明と施術等級
    施術別の説明と施術等級 :区分, 検査項目
    区分 検査項目
    基本タイプ 男性
    (95項目)
    身長、体重、肥満度、腰回り、体成分検査( Bodycompositionanalysis)、収縮期 血圧、拡張期血圧、脈拍、心電図検査(Electrocardiogram)、空腹時血糖(FBS)、 グリコヘモグロビン(HbA1c)、尿糖(Ur.Sugar)、総コレステロール(T-Ch.)、中性脂 肪(TG)、HDLコレステロール、B型s抗原(HBs Ag)、B型s抗体(HBs Ab)、B型c 抗体(Anti-HBc)、C型抗体(HCV Ab)、AST(SGOT)、ALT(SGPT)、γ-GTP, γ-GTP、アルカリ ホスファターゼ(ALP)、乳酸脱水素酵素(LDH)、総ビリルビン(T-BIL)、直接型ビ リルビン(D-BIL)、総蛋白(T-Protein)、アルブミン(Albumin)、A/G ratio、α-FP、 CA 19-9、CEA、PSA、CRP、ASO、RA-Factor、Anti-HIV、VDRL、TPHA、赤血球 (RBC)、ヘモグロビン(Hgb)、ヘマトクリット(Hct)、平均赤血球容積(MCV)、平均 赤血球ヘモグロビン量(MCH)、平均赤血球ヘモグロビン濃度(MCHC)、ナトリウ ム(Na)、カリウム(K)、カルシウム(Ca)、リン(P)、白血球(WBC)、血小板(PLT)、赤 血球沈降速度(ESR)、PCT、血小板粒度分布幅(PDW)、赤血球粒度分布幅(RDW)、 好中球の割合(Seg.Neutro)、リンパ球の割合(Lymphocytes)、好酸球の割合(Eosinophils)、単核球の割合(Monocytes)、塩基球の割合(Basophils)、後骨髄 球数(Metamyelocyte)、骨髄球数(Myelocyte)、前骨髄球数(Promyelocyte)、骨 髄芽球数Blast、AOB型、Rh型、アミラーゼ(Amylase)、FreeT3、FreeT4、TSH、 尿素窒素(BUN)、クレアチニン(Creatinine)、B/C ratio、尿糖(Ur.Sugar)、尿たん ぱく(Ur.Protein)、潜血(Occult Blood)、ウロビリノーゲン(UBNG)、ビリルビン (Bilirubin)、比重(S.G)、硝酸塩(Nitrate)、Leucocyte、PH、Ketone Body、尿 沈渣赤血球:Micro-RBC、白血球Micro-WBC、上皮細胞、聴力検査(Heraring acutity)、裸眼視力(Naked Eye)、矯正視力(Armed Eye)、眼圧(Intraocular Preessure)、眼底所見(Funduscopy Finding)、肺機能検査(Pulmonary function test)、胸部X線検査(Chest X-Ray)、上腹部超音波(Upper abdominal Ultrasonography)、睡眠胃内視鏡検査(Esophagogastroduodenoscopy
    女性
    (97項目)
    基本型(男性)+子宮細胞診検査、マンモグラフィ
    Gold型タイプ 基本型+脳卒中検査(MRI+MRA)
    VIP型タイプ PET-MR
  • 注意事項
    • 妊産婦や妊娠の可能性がある方、慢性疾患で治療薬を長期服用中の方は注意する点があるため看 護師に予め伝えること
    検査3日前 : 飲酒、過労、過食は避けること
    検査3日前 飲酒、過労、過食は避けること
    検査1日前전 午後9時以降は何も口にせず、十分な睡眠をとること
    検査当日 朝食はもちろん水や薬など一切口にせず、ガムやタバコも禁止
    (軽い体操やうがい程度は構わない)
    検査を受ける際、貴重品は必ず受付の貴重品ロッカーに保管すること 薬を飲んでいる方は検査後に服用できるよう1回分を必ず持参すること
  • 結果通知
    • 7~10日経過後、午後3時以降にeメールにて発送(必要な場合は電話で通知)

呼吸器疾患の治療

  • 保健福祉部の2014年地域海外患者誘致先導医療技術育成事業に選定
  • 8つの重要クリニックを中心に多分野診療体系を構築
    • 慢性閉塞性肺疾患クリニック、肺がんクリニック、喘息·鼻炎およびアレルギークリニック、炎 症性肺疾患クリニック、胸膜疾患クリニック、睡眠時無呼吸クリニック、呼吸リハビリクリニッ ク、呼吸器疾患検診クリニック

호흡기 질환 치료

甲状腺がん手術

  • 健康保険審査評価院が2011年に発表した資料 によると、乳がん·甲状腺がん韓国第7位で優 れた医療技術が証明され、入院期間が短く外 国人患者にも最高の治療効果が現れると期待
    施術別の説明と施術評価 : 区分, 検査項目
    区分 入院期間
    甲状腺全摘出術 L/N Dissectionを含まず 3~4日
    L/N Dissectionを含む 3~4日
    内視鏡甲状腺摘出術 L/N Dissectionを含まず 3~4日
    L/N Dissectionを含む 3~4日

総合健康検診(中国人医療観光団1516人誘致)

嶺南大学校医療院は2010年6月13日、6か月間の努力の末に中国人団体医療観光客1,516人の誘致に成功した。
中国人医療観光客1516人は優秀社員研修会兼医療観光のために訪問し、美容ブランド「新生活化粧品」で中国屈指の企業 として成長した新生活集団(中国)有限公社(以下「新生活グループ」)の社員である。

嶺南大学校医療院はこれまで標榜してきた「地域医療機関との連携」、「持続可能型医療観光」の一環として大邱市、慶尚北 道と長期間にわたる協議を経て今回の医療観光団の誘致に成功した。一大学病院がこのように直接医療消費者1516人を誘致し たことは、韓国で初めてであり、中国全土の主要都市から均等に選抜された新生活集団(中国)有限公社の優秀な販売社員で ほぼ全員が女性であり、その他にも新生活グループの会長など役職員250人余りもこの期間に大邱·慶尚北道を訪問した。

彼らは一週間にわたって大邱と慶尚北道に滞在し、今回の行事を誘致した嶺南大学校医療院など大邱の主要病院10か所で 健康診断を受けた。希望者には美肌、ネイルアートなどビューティー体験観光も経験した。また大邱市内の百貨店や東城路 などを訪問するショッピング·観光コースも用意した。大邱だけでなく、慶州、浦項など大邱地域一帯を視察、観光した。 このように医療観光が一過性ではなく持続可能で充実したプログラムになるよう地道に準備している。

スンスヤ(中国、心臓病手術)

去る2009年3月、嶺南大学校医療院が中国の瀋陽医学院の第2病院である沈州病院、第8病院である奉天病院との間で患者依 頼および病院間の交流に関する業務協約(MOU)を締結するために中国を訪問した際、イ・ヨンファン教授(李英桓、50、小 児青少年科)が、瀋陽市赤十字社で選定した先天性心臓病の子供20名に無料診療を行い、そのうちの一人であるスンスヤを4 月に本院に招請し、手術を成功させた。

母親のルシウファさん(Lu Xiuhua、41)は、「初めて訪ねた韓国の地でこのような愛と仁術を施して下さったことに感謝の 言葉以外にはありません。故国に帰ったら、子供と共に新しい家庭を築いていく気持ちで愛し合い、幸せに暮らしていきま す。親切な韓国の人々の人情、清潔で優秀な韓国の医療に直に接し、体験した感動は生涯忘れられないでしょう。ありがと うございました」と語った。