skip content

医療観光

メディシティ大邱は、最先端の医療サービスを提供する大韓民国医療特別市の新しい名称です。

大邱韓医大学校付属 大邱韓方病院

大邱韓医大学校付属 大邱韓方病院
大邱圏域で唯一の 韓医学大学付属韓方病院
 

大邱韓医大病院は大邱圏域で唯一の韓 医学大学付属韓方病院であり、30年の 伝統あるノウハウを基盤に、幅広い韓 方診療および代替医学を行う中心病院 に位置づけられています。

とりわけ本病院の韓方施設は、中風お よび交通·産災事故の後遺症の治療に 卓越した効果を持ち、高い満足度を得 ることができます。また、代替医学と 食事の文化をリンクした四象体質診断 と薬膳食を提供し、生活習慣の相談を 行うことにより、日常生活においても 食事療法による健康管理がなされるよ うに努力しています。このように、 「病の兆しを予め治療する」という韓 医学の理念を病院運営に適用すること により、健康な社会を実現するための 先頭に立っています。

便宜事項

韓薬の配送サービス(国内·外に無料配送)、韓方茶の提供、, カフェテリア

韓方診療

韓方診療 : 区分, 紹介, 特徴, 時間
区分 紹介 特徴 時間
四象体質 診断 個人別に五臓六腑の虚と実がそれ ぞれ異なる4種類(太陽·太陰·少陽·少陰)に分類し、体質を診断 現代の代替医学の一つとして認 定されている(疾病管理、食事療 法、学習管理などに活用) 60分
診断された体質別にオーダーメイ ド薬膳食 韓薬材で作られた料理であり、体 質ごとに異なる薬材が用いられ、 有益で健康な料理である 60分
韓方 健康検診 微笑顔面鍼を利用して、しわ改善、 弾力改善、肌の美白治療 微笑顔面鍼とは、鍼の施術を通し て経絡の流れを円滑にすることに より、肌の老化防止および顔面皮 膚の改善を図る、非手術的な韓方 整形法 60分
韓方 皮膚美容 微笑顔面鍼を利用して、しわ改善、 弾力改善、肌の美白治療 微笑顔面鍼とは、鍼の施術を通し て経絡の流れを円滑にすることに より、肌の老化防止および顔面皮 膚の改善を図る、非手術的な韓方 整形法 60分
薬膳食 漢方薬材でつくった料理 陰陽の調和を食事で補強する薬に なる食べ物 60分
※ 上記プログラムの内容は変更されることがある

한방진료

薬膳食

本大学の名誉総長ビョン・ジョンファン博士は大邱韓方病院の設立者であり、韓医学の発展に大きく 寄与した代表的な韓医学の博士である。現在年齢が80歳にもかかわらず旺盛な活動力を見せる最大の 秘訣は、まさに食習慣である。

ビョン総長は「私は若い頃から自分の体質に合った薬膳料理を食して きており、薬膳食が健康を維持する力だということをいつも実感している」と、自らの健在さと薬膳 食の優秀性を誇らし気に語った。ビョン総長は大邱韓方病院の患者の治癒率を高めるために薬膳食を 取り入れ、2007年から入院患者に治療食として提供しており、韓国人のみならず外国人にも広く知ら しめるため、2008年に大邱韓方病院に薬膳食堂を開設した。

その後、外国人医療観光客の来院時に は、四象体質科の教授が体質を判別し、各体質に合う食習慣や運動方法など、生活習慣に対する個人 別の相談を行うとともに、各体質に合った薬膳食を提供している。

医療観光客たちは概して薬膳食を 好み、品質のよい食材料を使っているため、あるドイツ人の観光客は「料理を見ただけでも、匂いを 嗅いだだけでも健康になれる気がする」との好評を残している。

약선식

Sonia McCOOK (ジャマイカ)

私はジャマイカから来たソーニャといいます。世界陸上選手権大会(IAAF)を兼ねて韓国を訪れることになったのですが、飛行 機の中で長時間無理な姿勢でいたため、腰に痛みが起こりました。そんな折り、IAAFの役員の方の薦めで大邱韓医大学校韓方 病院を訪ね、韓方医術に初めて接することになりました。西洋では接する機会のなかった東洋の医術なので奥深い感じがしま したし、鍼治療の後に痛みがたちまち緩和されたので、とても不思議でした。

数日後、IAAFのレディスツアーが行われ、いろいろなコースの中から大邱韓医大学校韓方病院の医療観光コースを選び、韓方皮膚美容を受けることになりました。韓方皮膚美容コースは顔面クレンジング、微笑顔面鍼、腹部の灸、韓方パックからなっ ており、特に微笑顔面鍼は顔に直接鍼を打つもので、施術を受けたところ顔の左右のバランスが整ったような感覚があり、顔の筋肉を収縮させる効果がありました。また、鍼術を受けて横になっている間に腹部に灸を据えるのですが、お腹が温かくな るにつれて平安な気持ちになり、まるで瞑想をしているような気分になり、韓国訪問のスケジュールで溜まっていた疲労を解 消することができました。

ストーリーテリング 2 _ 千代田としまつ(日本)

若い頃から体はがっちりしていたのですが、食事の後にお腹がもたれたり、食べたものが胸につかえるなど、いつも消化に問 題がありました。消化不良が長期間続き、日本で医師に相談したり病院の健康検診を受けてみても、何の異常も見つかりませ んでした。そんな折り、私がメンバーに所属している「サムランロータリークラブ」で韓国の観光に行くことになり、ちょ うどメンバーの多くが健康に関心があったため、大邱韓医大学校韓方病院で健康検診と四象体質診断を体験することになり ました。

先ず、韓方健康検診はかなり目新しく特異なものでした。その中で「赤外線体熱診断機器」というものがあったので すが、赤外線カメラを利用して体温の違いを記録し、それに伴う身体の機能的な問題を見つけ出すという独特な診断機器でし た。健康検診が終わると、検診結果と体質診断を通し、韓医師の相談が続くのですが、今までの私の消化不良の原因を先端設 備と韓国の伝統医学を基に体系的に説明して下さり、私の体質に適した食べ物や運動法、生活パターンなど、日常生活に密着 したアドバイスを受けることができ、非常に印象深いものがありました。